ジョンロブ所有者必見!擦れがある靴でも買取ができる

中古市場でも人気

靴と鞄

セールをしない

「ルイ・ヴィトン」は1854年、フランスのスーツケース職人であるルイ・ヴィトンが設立したブランドです。ヨーロッパ諸国の王室御用達のカバンを製作するなど、初期から品質の高さが評価されていました。トレードマークであるモノグラム・ラインが発表されたのは、創始者の死後。息子のジョルジュが、世界的な高級ブランドへと導きました。ヴィトンの製品が中古市場で高く買取される理由は、まずひとつに「圧倒的な人気がある」ということがあるでしょう。誰もが一目でヴィトンだとわかる「モノグラム」は、世代も性別も越えて普遍的な人気があります。そのため、ヴィトンを専門に買取する業者がたくさん存在します。しっかりした販売ルートがあるので、需要が高く、高値での買取も期待大です。また、ヴィトンは正規の店舗で定価販売を行うことを徹底しています。「正規店ではセールを一切行わない」「アウトレット店舗をつくらない」という点においても、中古市場に注目が集まるのでしょう。なぜセールをしないのかというと、発売するやいなやすぐに売り切れてしまうからです。ヴィトンからは、限定ものや新しいデザインモデルが次々と発売されていますが、安定した人気があるのはやはり定番商品。洗練されたデザインは、どの時代に作られた商品であっても、古さを感じることがありません。流行りすたりがないということも、中古市場で高値取引がされる秘密のひとつです。これらの理由から、ヴィトンは買取価格が高くなっています。ほかの高級ブランドの買取額が定価の50%以下であることに対し、ヴィトンは状態が良ければ定価の60〜80%も可能です。破損個所があっても買取は可能かもしれませんが、少しでも高値で買取してもらうためには、定期的なお手入れをおすすめします。「使わないものは売る」というスタイルが当たり前になった今、「売るのも買うのもヴィトン」と考える人も少なくないようです。

Copyright© 2018 ジョンロブ所有者必見!擦れがある靴でも買取ができる All Rights Reserved.